過払い金請求は弁護士と司法書士のどちらに頼むべきか

過払い金の問題をサポートしてくれる人には、司法書士という存在もいます。
でも、一般の私たちからしたらこの2者の違いってよくわからないですよね。
過払い金請求はどちらの人にお任せした方がいいのでしょうか?


過払い金請求は弁護士にお任せ

このような問題は、弁護士に依頼した方がいいようです。
というのも、金額によっては司法書士には頼めないというケースがあるからです。
その額というのは140万円と言われており、これを超えてしまうと依頼ができなくなるそうです。
とはいえ、自分の過払い金がいくらくらいあるかなんてプロに調べてもらわないとわからないですよね。
万が一140万円を超えていたらまた依頼しなおさなければならないので、それならば最初から弁護士にお願いしておきましょう。


過払い金にはタイムリミットがある

ご存知の方は多いかと思いますが、過払い金請求には時効があります。
それを迎えてしまう前に請求の手続きをしておかないと返金できなくなるので、法律のプロに相談する場合は早めにしておきましょう。
前々からチェックしていた人物がいざというときに多忙だというケースもあるので、それを防ぐためにも準備だけはあらかじめやっておいてください。