過払い金請求をすれば全額返してもらえるの?

自分ひとりでやるのは難しそうだけど、弁護士と一緒に過払い金請求を行ったら全額が返ってきそう。
そんな期待を抱いて請求を行おうと思っている人は多いのではないでしょうか。
しかし、実は全額返金は難しいことなのです。
その理由を紹介します。


過払い金請求で得られる返還金はよくて7割程度

キャッシングの専門である消費者金融にとっては、過払い金も収入の内の一つです。
そのため、多くの人からいきなり全額返金を求められると立ち行かなくなってしまうこともあります。
実際に過払い金請求をやってみると、5割~7割の金額で和解してくれないかといわれることがほとんどだそうです。
それでは納得ができない、どうしても全額返金という場合には、裁判をする必要があります。
ここで勝訴できればいいですが、裁判は期間が長いですしそれを開くのにも費用がかかるため、できれば避けたいところです。
また、場合によってはその過払い金請求でキャッシング会社が倒産し、1円も返金してもらえなくなってしまうこともあり得るので、裁判をすると決めた際は慎重に行きましょう。


弁護士も過払い金請求では和解をすすめる

過払い金請求が裁判まで行ってしまうことは、ほとんどの場合誰にとってもメリットとなりません。
かなりの時間がかかるため精神的にもつらくなりますし、相手の会社が倒産するかもしれないというリスクに常に怯えながら行わなければなりません。
悔しい気持ちもあるかもしれませんが、和解が一番安全な策だということは知っておいてください。